豊かな自然、ゆったりと流れる時間…。

ここは、馬と人がともに元気になれる

乗馬クラブ

豊かな自然、ゆったりと流れる時間…。ここは、馬と人がともに元気になれる乗馬クラブ

仙台市中心部から北東へ車で約40分。豊かな里山の風景が広がる大郷町に乗馬クラブ「えにしホースパーク」はある。
クラブでは、隣接する旧大郷牧場跡地を借り受け、約300haもの広大な丘陵地や草原をフィールドの一つとして、馬と人がともに元気に、幸せになれる乗馬クラブをめざしている。

Hello my FUTURE!!わたしのしごと、わたしのみらい

つかめ、自分事。

クラブの代表を務める村上倫子さんは、夫の哲也さんとともに同じ大学の馬術部に所属。卒業後も乗馬を続け、「いつかは自分の乗馬クラブを持ちたい」という夢をあたため続けていたという。えにしホースパークの設立は2006年、その前々年、夫妻は乗馬の本場ドイツへと向かった。

20世紀後半、乗馬の本場であるヨーロッパのなかでも、ドイツの強さは際立っていたという。そのドイツで、馬と人の関係を見てみたい、乗馬技術や調教方法を学んでみたい。そんな思いを胸にドイツを訪れた夫妻が目にしたのは、馬が人々の生活に深くとけ込んでいる様だった。そこでは、乗馬が特別なことではなく、男の子はサッカー、女の子は乗馬が定番。小さい頃から自分の馬を買ってもらい、子どもが自分で馬を世話し、自分で調教していた。馬術の世界でドイツがトップの位置にあるのは、こうした底辺の広さに大きな要因があることを実感した夫妻は、

自らがめざす乗馬クラブのコンセプトをこう設定した。「馬をより身近な存在に」。「普通の人が馬を持てるという環境を日本で少しでも実現しよう。馬とのふれあいを生活の一部として位置づけ、これまでの乗馬クラブの枠にとらわれず、人と馬との多様なかかわり合いを築いていこう。そして、馬とともに人々が元気に幸せになれる乗馬クラブをめざそう」。そうしたクラブ設立時の熱い思いは、自分だけの馬を持つ「自馬・半自馬」制度の取り組み、馬との調和をめざす初級者から上級者までを対象としたレッスン、牧場での外乗やスポーツ流鏑馬などのメニューにいまも息づいている。

 

馬のことを本当に深く知っている人、 知ろうとしている人は意外と少ないのかもしれない。馬のことをもっと知ることができたら、馬と私達の間にもっと良い関係が築けるはずだ。

にしホースパークが掲げる理念の一つに、「馬の福祉と人間性の回復」がある。乗馬を志す人は、馬が好きという点ではみな共通だ。しかし、と代表の村上さんは続ける。「馬のことを本当に深く知っている人、 知ろうとしている人は意外と少ないのかもしれない。乗馬技術の上達をめざすだけではなく、馬のことをもっと知ることができたら、馬と私達はきっと、もっと良い関係を築けるのではないでしょうか」。

 

えにしホースパークでは、特定の人馬がペアを組めるように、自分だけの馬を持つ「自馬・半自馬」制度を設けている。この制度は、馬と人間の双方に大きなメリットがあるという。馬はいつも同じ人に乗られることで、大きな安心感を得ることができ、馬の精神的な安定は騎乗の安全につながる。人は同じ馬に乗ることで、馬の変化を敏感に感じとることができるようになり、騎乗技術も大きく向上する。

騎乗技術が高くなれば、馬の心を感じ、扶助を馬に理解してもらうことができるため、馬とより分かり合えるようになるという。「人が愛情を持って接すれば、馬はそれに応えてくれます。自馬を持つことで、乗馬の醍醐味を一層深く味わってほしい。それが私たちの願いです」。※半自馬:希望者が二人いる場合、二人専用の馬とする制度。一人で半自馬とする場合は、空いている時間帯はスクールホースとして利用。

 

大切なのは、馬と一緒にいたいという強い気持ち。豊かな自然のなかで、馬のことを深く理解し、馬と人間のより良い関係をプロデュースできる人材と出会いたい。

城県内には15前後の乗馬クラブがあるが、牧場のあるクラブは、えにしホースパークが唯一の存在だ。ここでは、馬の消耗への配慮から1日の出番を3鞍までとし、仕事の後は牧場で放牧することもある。

都市部の乗馬クラブに所属する馬に比べ、えにしホースパークの馬は全般に穏やかと評されるのも、こうした環境がもたらすメリットの一つだろう。現在、馬の頭数は30頭にまで増えた。一方、スタッフ数は6名、インストラクターが4名、作業員が2名という構成だ。馬を相手にする仕事だけに、馬が好き、動物が好きというのは必要な資質だが、乗馬クラブのスタッフには、もっと多くの能力が求められるという。「日々いろいろなことが起きる現場だけに、充実した気力・体力がまず必要です。また、乗馬クラブという性格上、人とのコミュニケーション能力も求められます。もちろん、騎乗能力があるに越したことはありませんが、最も大切なのは、馬と一緒にいたいという強い気持ち。豊かな自然のなかで、馬のことを深く理解し、馬と人間のより良い関係をプロデュースできる方との出会いを待っています」。

 

合同会社えにしホースパーク
2006年4月設立。事業内容:ブリティッシュ馬術の指導/流鏑馬の指導/グリーン・ツーリズム(牧場体験)サービスの提供。
〒981-3522 宮城県黒川郡大郷町東成田字長松沢山6-1
TEL: 080-5579-0355 FAX: 022-359-3948

WATASHIGOTO is Supporting you!

WATASHIGOTOは、宮城県内の中小企業と優秀な人材の出会いを無料でサポートする、中小企業庁の事業です。新たな事業や雇用を創出していくための人材の確保、運営支援、人材マッチングと定着を目的に、宮城県内で企業支援や人材採用支援、人材育成などの活動を行う5つの団体・企業が連携し、活動を進めています。

WATASHIGOTOで「わたしだけの仕事」に就く。


宮城県でここにしかない
求人情報を提供します。

宮城県で働くために必要な
情報を提供します。
キャリアカウンセラーが
無料で相談に応じます。

WATASHIGOTOで「わたしだけの仕事」に就く。

1. アクセス&登録

ワタシゴトのWEBサイトにアクセス。メルアドと氏名を入力すれば登録完了。ワタシゴトのサービスが利用可能に。

2. 面談

希望があればコーディネーターとの面談も可能。ワタシゴトでの就活がよりスムーズに、より実り豊かなものになります。

3. 求職・探職

WEBサイトで求人等の情報を探したり、ワタシゴトが主催するイベント等に参加したり、「わたしだけの仕事」と出会えるチャンスを生かしてください。

4. エントリー

「わたしだけの仕事」との出会いがあったら、いよいよ企業にエントリー。ワタシゴトでは、エントリー以後のあなたの活動をサポートします。

5. 就職

ワタシゴトでは、就職先企業での定着に向け、さまざまな支援を継続して実施します。

登録はこちら

  • ワタシゴト
  • 一般社団法人ワカツク
  • ゆいネット
  • きゃりーぽーと仙台
  • 株式会社エムジョイ
  • フィッシャーマンジャパン