キレイをさらにキレイに。
一歩進んだキレイを提供する

ビルメン企業。

ビルクリーニングや設備環境の管理、工事リフォームを事業の柱とする株式会社オプスには、3つの合言葉がある。それは、「きれい」「安心」「納得価格」。オプスが提供する一歩進んだ「きれい」は、お客さまから高い評価をもって支持され、ビルメンテナンス業界に新風を吹き込み続けている。

HELLO MY FUTURE わたしのしごと、わたしのみらい

 

つかめ、自分事。

オプスとは、ラテン語で「建築物」を意味する。創業は1992年。学生時代に始めたガラス清掃の仕事を経て、代表取締役の菅原俊樹氏が会社を立ち上げたものだ。ビルの外壁清掃のほか、看板撤去、排水管修繕、空調点検などに業務内容を拡大し、現在では150名近い従業員(パート、アルバイトを含む)を擁する企業にまで成長している。

オプスの成長の秘密は、その事業コンセプトに隠されている。それは、「3ないチャレンジ」。つまり、「他社がやらない・やれない・わからない」仕事に積極的に取り組んでいくというポリシーだ。オプスでは、建物管理に関係するたくさんの業務の中から、競合他社があまり取り組んでいない、経験の乏しい作業を見出し、積極的にチャレンジしていく。その例の一つが、埼玉県にある小麦粉工場でのサイロ内部の清掃の仕事だ。サイロのような背の高い構造物の場合、通常は大きな足場を組んで作業することが多い。足場を組む分、当然コストはかさむ。しかし、オプスが採用した作業方法は、ロープが取り付けられたハーネス(産業用フルボディハーネス)を作業員が装着し、サイロの内部壁面を移動しながら清掃を行うというものだった。これは、ビル外壁の清掃作業等で培った高度なロープワーク技術を活用したもの。その結果、足場組立の工程を省略することができ、それまで工場が依頼していた業者に比べ費用を大幅に削減できたという。こうしたチャレンジの一つひとつがオプスの得意分野として蓄積され、お客様の間にいつしか、「困った時はオプス」という評判が広がっていったという。「一番儲かる仕事は、お客様が一番満足する仕事」という思いを胸に、オプスはこれからも会社の得意分野を増やすチャレンジを続けていく。

 

オプスは創業以来、若い力を育て、何かに挑戦しながら会社を発展させてきた。めざすのは、社員一人ひとりが活き活きと働き、お客さまと地域に貢献する力を高め、社員の生活を守る会社だ。

オプスは単なる「ビルメンテナンス企業」ではなく、3つのことを守る人間集団だという。守るべき3つとは何か?それは「共生」「自立」「成長」という言葉で表される。菅原社長はその意味を次のように語る。

「人間は、一人ひとり生きてきた環境はもちろん、性格や考え方が異なります。どんな人にも得意・不得意があり、弱さも持ち合わせています。オプスは、お互いを共に生きる大切な仲間として認め合い、認め合い、そして力を合わせます。それが“共生”です。仕事のやりがいは、それぞれが自分の頭で考え、工夫し、それが評価された時に感じるものです。組織の歯車として働くのではなく、自分の意見や考えを述べるなど、主体的な姿勢で仕事と向き合うこと、それがオプスの考える“自立”です。そして最後に、“成長”。仕事の中でレベルアップを図っていくには、成長が不可欠です。個人の成長なしに、企業の発展はありません。企業の発展なしに、社員の幸せも実現できません。だからこそオプスは、社員の成長を全力でサポートするのです」。

オプスの社員には、先輩・新人の区別はない。「一人一部署制」という制度のもと、比較的早期に一つの部署を任せられることもある。また、「社内討論会」では、議論すべきテーマを互いに持ち寄り、社長から新入社員までが顔を突き合わせ話し合う。こうした取り組みによって、守るべき3つのことは具現化されている。

 

入社前の10日間のインターンシップ体験。その中で私たちは、会社の、仕事のすべてをお見せし、同時にあなたの姿勢や覚悟を見る。どんな仕事も、やってみないとわからない。結論はその後でいい。

ビルメンテナンスの仕事はけっして楽ではない。だからこそ、採用には手間ひまをかけるのだという。オプスでは、入社前に仕事を体験する「10日間インターンシップ」という制度を設けている。その中でオプスは、会社の、仕事のすべてを見せる。そして一方では、インターンシップ生の仕事に臨む姿勢や態度、覚悟を見る。10日間という期間は、インターン生がお客さんとしてではなく、社員として仕事を体験するのに最適な長さだという。これもまた、多くの試行錯誤を経て導き出されたものらしい。採用で大切なのはミスマッチを生み出さないこと。この仕事は面白い、やっていけるという確信を持った人を採用したい。オプスのそうした思いが、この制度にははっきりと見てとれる。オプスでは、仕事が嫌、人間関係が嫌、といった理由での離職者は少ないという。

「会社の業務内容や方針は社長が決めるもの」という考えを、オプスはあえて壊してきた。それは、中小企業だからこそ持てる「柔軟さ」という強みでもある。共にめざすのは、「局所作業日本一」のプロ集団。「キレイをさらにキレイにする」という理念を共有できる、新しい仲間との幸せな出会いをオプスは待っている。

 

株式会社オプス
1992年6月設立。事業内容:総合ビルメンテナンス(ビルクリーニング事業/設備環境管理事業/工事リフォーム事業)。
〒980-0003 宮城県仙台市青葉区小田原5丁目1-45
TEL: 022-722-9901 FAX: 022-722-9903

WATASHIGOTO is Supporting you!WATASHIGOTO is Supporting you!

WATASHIGOTOは、宮城県内の中小企業と優秀な人材の出会いを無料でサポートする、中小企業庁の事業です。新たな事業や雇用を創出していくための人材の確保、運営支援、人材マッチングと定着を目的に、宮城県内で企業支援や人材採用支援、人材育成などの活動を行う5つの団体・企業が連携し、活動を進めています。

WATASHIGOTOで「わたしだけの仕事」に就く。


宮城県でここにしかない
求人情報を提供します。

宮城県で働くために必要な
情報を提供します。
キャリアカウンセラーが
無料で相談に応じます。

WATASHIGOTOで「わたしだけの仕事」に就く。

1. アクセス&登録

ワタシゴトのWEBサイトにアクセス。メルアドと氏名を入力すれば登録完了。ワタシゴトのサービスが利用可能に。

2. 面談

希望があればコーディネーターとの面談も可能。ワタシゴトでの就活がよりスムーズに、より実り豊かなものになります。

3. 求職・探職

WEBサイトで求人等の情報を探したり、ワタシゴトが主催するイベント等に参加したり、「わたしだけの仕事」と出会えるチャンスを生かしてください。

4. エントリー

「わたしだけの仕事」との出会いがあったら、いよいよ企業にエントリー。ワタシゴトでは、エントリー以後のあなたの活動をサポートします。

5. 就職

ワタシゴトでは、就職先企業での定着に向け、さまざまな支援を継続して実施します。

登録はこちら

  • ワタシゴト
  • 一般社団法人ワカツク
  • ゆいネット
  • きゃりーぽーと仙台
  • 株式会社エムジョイ
  • フィッシャーマンジャパン